樹齢2000年⁈なぜ?樹木は長生きできるのか?

樹齢2000年⁈なぜ?樹木は長生きできるのか?

日本で一番長生きな樹木は?

 

樹齢何百年、何千年という巨木が日本にたくさんあります。

有名なのは、屋久島の屋久杉ですね。

実は、世界には樹齢9000年以上の樹木もあるそうです。

 

人間は、せいぜい長生きしても120歳くらいまでと言われています。

 

 

なぜ、それだけ長く生きていけるのでしょうか?

 

我々動物は、危険から身を守る手段として、「逃げる」「隠れる」など、動くことによって

外敵から身を守るすべを持っています。

しかし、植物はどうでしょう?

植物は、土地に根付いて生きています。

外敵から身を守ろうとしたところで逃げも隠れもできません。

 

実は、樹木には「フィトンチッド」と呼ばれる揮発成分を放出しています。

 

この揮発成分がは、敵が苦手な成分だったりするわけです。

この「揮発成分」こそが、植物が外敵から身を術であり、「長寿の秘訣」なんです。

これが「森林浴成分=フィトンチッド」と呼ばれるものです。

 

フィトンチッドは、樹木が何千年もの間、生き続けることができる生命力の源であると言われています。

 

地球誕生から46億年、植物の元となるものが生まれて40億年とも言われています。

動物は、氷河期で絶滅したものもたくさんいます。

そんな中で、生き延びてきた自然の植物には、到底かないません。

 

しかも、植物は人間が生きていくために必要な「酸素」を供給してくれています。

吐いた二酸化炭素を吸ってくれています。

 

動物と植物は、「共存共栄」の関係なんです。

 

森の樹木が、人間が生きていくための手助けをしてくれています。

【森の空気】って重要なんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください