セルフメディケーション税制って…

ご存知でしょうか?

今日、情報番組を見ていて概要を知ったのですが、来年1月から施行される制度です。

「セルフメディケーション税制」

従来の医療費控除制度の特例として、2017年1月から新たに「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が
施行されます。 特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が「合計1万2,000円」を超えた場合に適用される制度です。

セルフメディケーションとは? (第一三共ヘルスケアHPより)

平均寿命が長くなり、生活習慣病などが問題になってきた現代において、日々をいかに健康に生きるかが問われています。そこで注目されているのが「セルフメディケーション」です。
セルフメディケーションとは、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」

と世界保健機関(WHO)は定義しています。

  • セルフメディケーションの効果
  • (1) 毎日の健康管理の習慣が身につく
  • (2) 医療や薬の知識が身につく
  • (3) 疾患により、医療機関で受診する手間と時間が省かれる
  • (4) 通院が減ることで、国民医療費の増加を防ぐ

とありますが、ようはコンビニ感覚で病院に行く人が多く、現在毎年1兆円ずつ医療費が増えているので

何とかしないと国が医療費で破たんしてしまうので、その策のようです。

現在、年間の医療費は41兆円にものぼります。

大々的にインフォメーションもされていないので、知らない人も多いと思います。(厚生労働省のHPには出ています)

この制度を見るとクスリの成分に寄って特例控除を受けられるそうですが、

これは、根本的な解決にならないような気がしてなりません。

疾病により、医療機関で受診する手間と時間が省かれるとか、通院が減ることで、国民医療費の増加を防ぐとかがありますが

ようは、「ちょっとしたことは、わざわざ病院に行かず、市販薬で対応してください。その代わり税金控除しますよ」ということですよね?

私が懸念するのは、安易に市販薬で「対症療法」してその場しのぎをして、大きな病気を見逃してしまう気がするのです。

以前に、フェイスブックで「ロキソニン」という鎮痛薬がこのセルフメディケーション税制の対象になると喜んでいる人が

いましたが、12、000円分の鎮痛薬を飲むことのほうが怖いというコメントをさせていただいたことがあります。

先日、徹子の部屋のゲストで小室哲哉さんが出演されていましたが、奥様のKEIKOさんがくも膜下出血で倒れた時のことを

話していました。朝から頭痛がひどく頭痛薬を飲んでいたと。夕方になっても改善しないこれはおかしいということで

小室さんが気が付いて救急車を呼んだそうです。

たまたま、夕方ご主人がご自宅にいたので命は助かったそうですが、今でも記憶障害はあるようです。

でも、一人でいたら我慢していたと…気がつかなかったら…脳梗塞を起こしていたと医師に言われたそうです。

私のお客様でも、くも膜下出血をされて生還された方は、とにかく激しい頭痛に見舞われたと言っていました。

若い時から頭痛もちで、体質だからと侮っていた方も多いです。

市販薬を頻繁に飲まなくてはならない状況ということ自体、どこかが不調なわけです。

薬を飲んで本当に治った?薬が切れたらまた飲む。その繰り返し。それは治ったのではなく、一時的に薬で症状を抑えただけです。

自分勝手な自己診断で、大きな病気を見逃す人が増えなければいいのですが…

 

本当のセルフメディケーションは、快眠・快食・快便のリズムが整う生活習慣の上に成り立つものです。

そして、自身の体の中にいる名医に働いてもらう「自然治癒力」を発揮させることだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA