高血圧と体温

皆さんは、血圧と体温が関連していることはご存知ですか?

血圧降圧剤を処方されている70代の男性が「指先が冷えていつも手が冷たい」との訴え。

血管1

さて、なぜ降圧剤を飲んでいると手が冷えるのでしょうか?

血圧が上がると、血管はどのような状態になるでしょうか?答えは...血管が収縮しますね。

血管が収縮すると、先にある細い血管に血液は?流れますか?

血管が縮んでしまうと先の細い血管に血液が流れなくなります。

血液が体温調整をしてくれています。血の巡りが良いところは血行が良くなり体温が上がります。

逆に血行が悪いと冷えてきますよね?

高血圧で、強制的に血圧を下げる薬を飲んでいる方は、心臓から送り出す勢いを抑えてしまっています。

勢いが弱くなっていますので、手先や足先の末端までスムーズに血液が行き届かないわけです。

血行が悪くなって手足が冷えてしまうわけです。

高血圧=血管が縮む=脳の血管が切れたら大変!薬で無理やり下げる→勢いが弱まり末端まで血液が送れない。

血行が悪くなり、手足が冷えるというわけですね。体温も下がってしまいます。

高血圧になるということは、ストレスだったり、動脈硬化が原因です。

血管3

動脈硬化は赤ちゃんの時からの積み重ねです。生きて食事をしていれば、排水溝に汚れが付くように

多かれ少なかれ血管にもゴミはついています。個人差がありますが血管が汚れます。

美味しいものを食べ過ぎてしまっては、ゴミも溜まります。

さらに、ストレスや緊張で血管が収縮したら血圧も上がりますね。

【高血圧】 サイレントキラー(もの言わぬ殺し屋)と言われています。

日頃から食べ過ぎ飲み過ぎに注意して、ストレスフリー、リラックスして血管を緩めておくことが大切ですね。

フィトンエアーはストレスフリーのエビデンスがあります。

森林浴効果で、リラックスして日頃から血圧を安定させることが大事です。

フィトンエアー

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL

CAPTCHA